銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

半導体 関連銘柄(6/2)

  • 携帯やパソコンを始め様々な電子機器に必要
  • 半導体の需要が景気の先行指標になりえる

過去30日 株価変動率

銘柄名称 株価 1週間比 1ヶ月比 前日比% 配当
1 6730 アクセル 1,570 +19.30% +4.53% +3.43% 3.25%
2 6723 ルネサスエレクトロニクス 2,374 +10.37% +33.08% -0.27% -
3 6503 三菱電機 1,903 +6.61% +8.59% +2.95% -
4 6882 三社電機製作所 1,264 +6.31% +39.82% +0.16% 3.16%
5 8050 セイコーホールディングス 2,658 +5.18% -11.28% +1.18% 2.82%
6 6697 テックポイント・インク JDR 981 +4.70% +7.21% -0.10% -
7 4186 東京応化工業 8,440 +4.58% +18.37% +0.36% 1.94%
8 6707 サンケン電気 11,280 +4.35% +10.59% -0.18% 0.27%
9 6645 オムロン 8,790 +3.22% +7.93% +4.38% 1.18%
10 6875 メガチップス 3,495 +2.95% +7.70% +0.58% -
11 6616 トレックス・セミコンダクター 2,200 +2.80% -2.87% -1.17% 2.55%
12 6963 ローム 12,010 +1.35% +15.37% -0.50% 1.67%
13 6724 セイコーエプソン 2,165 +1.26% +5.82% +2.07% 3.42%
14 6479 ミネベアミツミ 2,680 +1.13% +3.92% +0.87% -
15 4063 信越化学工業 4,364 +0.97% +9.95% +1.35% -
16 6502 東芝 4,490 +0.09% +1.88% -0.18% -
17 3727 アプリックス 153 - +17.69% +1.32% -
18 7951 ヤマハ 5,550 - +2.78% +0.54% 1.33%
19 6832 アオイ電子 1,780 -0.61% -5.47% 0.00% 3.03%
20 3105 日清紡ホールディングス 1,065 -0.84% +1.24% +1.53% 3.38%
21 3436 SUMCO 2,016 -0.93% +6.44% +0.25% -
22 3652 ディジタルメディアプロフェッショナル 3,590 -1.51% +54.41% -6.02% -
23 6769 ザインエレクトロニクス 898 -1.97% +7.80% -2.60% 1.67%
24 6840 AKIBAホールディングス 511 -2.11% +2.61% -3.22% -
25 6504 富士電機 6,010 -2.12% +9.87% +2.39% -
26 6855 日本電子材料 1,609 -3.01% +17.70% -0.62% 2.49%
27 6844 新電元工業 3,250 -3.42% -6.34% +1.25% 4.00%
28 6627 テラプローブ 3,045 -4.09% +17.25% -3.03% -
日本株予想:リスク通過意識し海外からの買い強まる

2日の日経平均は+376円の3万1524円となり続伸。

日経平均はバブル崩壊後の高値を上回り、1990年以来で約33年ぶりの水準となった。個別銘柄では、日本電産や日本製紙などが買われたほか、エーザイ、サイバーエージェント、東京電力ホールディングスなどが上昇した。一方で半導体関連の東エレクなどは利益確定の売りで下げた。

いま押し目買いチャンスの銘柄はこれだ!投資の森の有料サービスはこちら

前日の米株式市場で主要な株価指数が軒並み上昇しており、6月第一週の日経平均は大幅に買い優勢で終えた。米市場ではNYダウのほかハイテク株の組み込み比率が高いナスダック総合も上昇となっていた。

さらに本日アジア時間には、米政府が債務上限の効力を停止する法案を可決し、このところの米債務不履行の可能性への警戒感が完全に払拭されたかたちとなった。これもリスクオンの株買いを後押しし、日本株は買いの勢いが強まった。

日本製紙や王子ホールディングスなどパルプ関連、エーザイなど医薬品、また東電HDなども上昇し、相場を支えた。一方で、半導体関連の東エレク、アドテストなどは売られた。とはいえこちらは高値圏での利確売りが出た。週末海外時間に金融市場の影響力の大きい米5月雇用統計の発表も控えており、こちらをにらんだ持ち高調整の売りも見られた。

足元の株高傾向は、主要企業の決算を終えた季節性もあるが、今回はそれに加え、米国でのリスク要因(米債務上限問題)の解決によるリスクオン、またそのタイミングに合わせて、日本株の先高観にかねてから注目していた海外投資家の買いが大きな潮流となったことも要因となっている。目先の相場見通しについては ...

→全文を読む

■人気テーマ