銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

5G 関連銘柄(12/5)

  • 5G「第5世代移動通信システム」は4Gに続く「次世代の通信規格・通信技術」となります。
  • 主な特徴は「超高速」「多数同時接続」「超低遅延」の3つです。

過去30日 株価変動率

銘柄名称 株価 1週間比 1ヶ月比 前日比% 配当
1 4755 楽天グループ 666 +0.76% +1.52% -0.45% -
2 6904 原田工業 818 +0.25% +5.55% +0.99% 0.92%
3 9984 ソフトバンクグループ 6,068 -0.18% -7.46% +0.21% 0.73%
4 4748 構造計画研究所 2,825 -0.53% -0.42% +0.18% 4.25%
5 3842 ネクストジェン 706 -0.84% -4.47% 0.00% 0.42%
6 6702 富士通 18,535 -1.54% +7.57% -0.30% 1.29%
7 1951 エクシオグループ 2,111 -1.86% -0.09% +0.81% 4.83%
8 9434 ソフトバンク 1,465 -2.04% +0.62% -0.17% 5.87%
9 6890 フェローテックホールディングス 3,290 -2.52% +32.77% +1.23% 3.04%
10 3914 JIG-SAW 4,740 -2.87% +8.59% 0.00% -
11 6706 電気興業 2,065 -2.91% -12.76% -0.67% 2.91%
12 9433 KDDI 3,985 -2.95% -6.35% -0.47% 3.39%
13 1417 ミライト・ホールディングス 1,497 -3.54% +6.17% -0.13% 4.01%
14 9702 アイ・エス・ビー 1,290 -3.66% -3.95% -0.77% 2.87%
15 3987 エコモット 420 -3.89% +0.96% -0.71% -
16 5801 古河電気工業 2,497 -3.92% +6.66% -0.83% 2.40%
17 6701 日本電気 4,740 -3.95% +1.39% -1.86% 2.32%
18 3852 サイバーコム 1,573 -4.09% +8.41% +1.22% 1.40%
19 6800 ヨコオ 2,390 -4.32% +16.36% -0.13% 2.09%
20 9432 日本電信電話(NTT) 3,713 -4.45% -7.29% -0.27% 3.23%
21 5802 住友電気工業 1,537 -4.51% -2.20% -1.41% 3.25%
22 6501 日立製作所 7,065 -4.76% +0.99% -1.19% -
23 1721 コムシスホールディングス 2,408 -4.78% +0.33% -0.74% 4.15%
24 6754 アンリツ 1,435 -5.03% -1.51% -1.51% 2.79%
25 7203 トヨタ自動車 1,951 -5.04% -1.71% -1.01% -
26 6902 デンソー 7,283 -5.43% -0.56% -2.04% 2.47%
27 7518 ネットワンシステムズ 3,375 -5.59% +4.01% +0.15% 2.19%
28 4739 伊藤忠テクノソリューションズ 3,210 -5.73% +2.07% -1.23% 2.52%
29 4719 アルファシステムズ 4,200 -6.35% +2.82% +1.45% 1.67%
30 8226 理経 262 -6.76% -0.76% -2.24% 1.15%
31 6778 アルチザネットワークス 1,053 -7.63% +2.03% -2.86% 1.90%
32 5803 フジクラ 1,033 -9.15% +12.90% -1.62% 2.52%
日本株予想:地合い改善 バリュー株に物色買いか

5日の日経平均は+42円の2万7820円となり反発。

個別銘柄では、エーザイやファーストリテイリングなどが買われたほか、安川電機、資生堂、ファナックなどが上昇した。

→ いま押し目買いチャンスの銘柄はこれだ!投資の森の有料サービスはこちら

今月の日経平均は前日までの下落幅がー449円と売り地合いであったが、5日の東京株式市場は反発と、地合いの底堅さが示された。

前営業日の米株式市場が上昇しており、日本株の一角でも買いの先行する場面が見られた。医薬品では、エーザイや協和キリンなどが買われた。小売業のファーストリテイリングやJ.フロント リテイリングも上昇し、相場を支えた。米長期金利の上昇を背景に高PERなハイテクなどは売り圧力が意識されたが、ダイドーリミテッドなどPERが相対的に低い銘柄は買いが集まりやすかった。

足元では日米金利差が縮小しており、ドル円市場では円高余地に関心が集まりやすい状況。これにより輸出株など日本株の一角では ...

→全文を読む

■人気テーマ