銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

旅行 関連銘柄(4/12)

銘柄名称 株価 1週間比 1ヶ月比 前日比% 配当
1 8225 タカチホ 2,650 +8.65% +7.72% +1.88% 1.51%
2 9723 京都ホテル 823 +8.29% +9.30% +3.78% 0.36%
3 9722 藤田観光 7,910 +3.40% +29.25% +5.05% 0.38%
4 9045 京阪ホールディングス 3,405 +2.53% +1.61% +0.29% 1.03%
5 4681 リゾートトラスト 2,662 +2.25% +8.54% +1.08% 2.03%
6 7048 ベルトラ 482 +2.12% +0.63% -1.03% -
7 4755 楽天グループ 874 +1.84% +5.70% -0.57% -
8 9603 エイチ・アイ・エス 1,938 +1.79% +10.11% +0.62% 0.52%
9 9202 ANAホールディングス 3,114 +1.67% -0.32% -0.22% 0.96%
10 9726 KNT-CTホールディングス 1,275 +1.51% +2.57% +1.84% -
11 9206 スターフライヤー 2,769 +1.43% -2.12% -0.11% -
12 9720 ホテル、ニューグランド 4,740 +1.39% +4.52% +0.53% 0.53%
13 9201 日本航空 2,903 +1.38% +6.09% +0.09% 2.41%
14 6561 HANATOUR JAPAN 1,668 +1.28% +8.24% -0.36% -
15 9193 東京汽船 676 +1.20% +1.35% +0.90% 2.96%
16 9713 ロイヤルホテル 1,131 +1.16% +3.48% -0.62% -
17 9017 新潟交通 2,061 +0.98% -3.19% +1.03% 0.49%
18 9708 帝国ホテル 983 +0.92% -0.41% +0.51% 0.61%
19 4645 市進ホールディングス 494 +0.82% -1.79% 0.00% 2.02%
20 9010 富士急行 3,675 +0.68% -5.04% +1.24% 0.49%
21 6548 旅工房 204 +0.49% -10.53% +0.99% -
22 2376 サイネックス 801 +0.25% -0.87% -0.50% 1.87%
23 9173 東海汽船 2,521 +0.20% +1.24% -0.16% -
24 6634 ネクスグループ 165 - +17.86% +2.48% -
25 2371 カカクコム 1,811 -0.03% +3.55% +2.00% 2.54%
26 9041 近鉄グループホールディングス 4,349 -0.05% -3.33% -0.14% 1.15%
27 9675 常磐興産 1,216 -0.33% -2.17% +0.08% -
28 3926 オープンドア 755 -0.53% -5.51% +0.27% -
29 9376 ユーラシア旅行社 509 -0.97% -4.86% +0.99% 1.96%
30 3807 フィスコ 100 -0.99% -6.54% -0.99% -
31 6565 ABホテル 1,800 -1.64% -1.48% +0.50% 0.78%
32 3646 駅探 375 -2.09% +0.27% -1.32% 3.73%
33 6030 アドベンチャー 3,275 -2.67% -14.15% +2.02% -
34 3679 じげん 566 -2.92% -3.58% -0.53% 1.15%
35 6577 ベストワンドットコム 2,650 -3.07% -21.71% -0.04% -
36 6191 エアトリ 1,453 -3.46% -1.49% -0.07% -
37 3840 パス 158 -4.24% +1.94% -3.07% -
日本株予想:相場反転 自動車など物色観測も

12日の日経平均は+80円の3万9523円となり3営業日ぶり反発。

個別銘柄では、三井不動産や東京建物などが買われたほか、三菱地所、東急不動産ホールディングス、住友不動産などが上昇した。

2024年は日本株が躍進、期待の銘柄は? 有料版レポート閲覧はこちら

今月の日経平均は前日までの下落幅がー927円と売り地合いであったが、12日の東京株式市場は反発と、地合いの底堅さが示された。

前営業日の米株式市場が下落したものの、日本株は選別買いが続いた。不動産業の三井不動産や東京建物などが上昇。また非鉄金属のフジクラや古河電気工業も堅調な展開となった。米長期金利が下落するなか株式は買われやすさが想起され、情報・通信業のココペリなどが上昇、このほか高PERな銘柄も買い圧力が意識された。

日米金利差は拡大しており、外為市場では円安地合いが意識されるなかで、輸出株などはもう一段の買いが入る展開も想起される。週明けは米金融市場の動向に歩調を合わせつつも ...

→全文を読む

■人気テーマ