押し目/金(商品先物)

※押し目=5~10%の下落

現在の下落率

直近押し目下落率 0.00%
下落期間 0日
直近高値(2024/2/23高値) 2,045.80

押し目(過去5年)

平均押し目下落率 6.54%
最小-最大下落率 5.23 〜 8.85
平均押し目下落期間 21.7日
最短-最長下落期間 10 〜 49
押し目回数 17回(3.4回/年)

押し目チャート(5年)

  • 1年
  • 3年
  • 5年

押し目データ(5年)

底値日 下落率 下落期間 底値
2023/10/056.88%15日1,831.80
2023/05/255.68%18日1,941.70
2023/02/247.59%49日1,818.00
2022/10/205.89%18日1,631.80
2022/09/266.04%17日1,631.40
2022/07/208.85%26日1,692.60
2022/05/138.85%26日1,807.40
2022/03/166.48%13日1,908.00
2021/12/025.83%21日1,760.70
2021/09/295.98%36日1,721.50
2021/08/095.89%10日1,723.40
2021/06/186.8%11日1,767.90
2021/03/087.14%13日1,677.70
2021/01/156.32%22日1,829.30
2020/11/305.91%14日1,775.70
2020/09/255.23%14日1,857.70
2020/08/115.8%46日1,932.60
日本株予想:地合い強さ引き継ぐ ハイテクに買い期待も

26日の日経平均は+135円の3万9233円となり続伸。

個別銘柄では、中外製薬や川崎重工業などが買われたほか、TOTO、SUMCO、第一三共などが上昇した。

2024年は日本株が躍進、期待の銘柄は? 有料版レポート閲覧はこちら

今月の日経平均は前日までの上昇幅が+2811円と買い地合いであったが、26日の東京株式市場は続伸と、地合いの強さが引き継がれ、堅調な展開をたどった。

前営業日の米株式市場が上昇しており、日本株の一角でも買いの先行する場面が見られた。医薬品の中外製薬や第一三共などが上昇。また輸送用機器の川崎重工業やスズキも堅調な展開となった。米長期金利が下落するなか株式は買われやすさが想起され、情報・通信業のエクサウィザーズなどが上昇、このほか高PERな銘柄も買い圧力が意識された。

金融市場では日米金利差の拡大に関心が集まっており、円安圧力の強まりが想起される状況。目先の相場見通しについては ...

→全文を読む