銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

セブン&アイ・ホールディングス(3382)

(5/27)

5,262.0

+12.00(0.23%)

  • 業績適正株価 7,792円

株価天気予報

続伸続落 続伸3日目
PER(予想) 19.36
PBR(実績) 1.56
PSR 0.53
配当利回り 1.96%
自己資本比率 34.1%
時価総額 4兆6644億5800万

チャート

  • 1ヶ月
  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 1年
  • 5年
  • 10年
  • 全期間

事業内容

  • コンビニを軸として、百貨店・スーパー・外食の他、セブン銀行等を運営。流通グループとしては国内第二位。

適正株価

適正株価 上昇余地
7,792円 +2,530円(+48.1%)

指数との騰落率比較

セブン&アイ・ホールディングス 日経
平均
TOPIX マザーズ ジャスダック
1ヶ月 -5.14% 0.31% 1.43% -7.90% -0.29%
3ヶ月 -4.40% 1.15% 0.59% -8.02% -7.02%
6ヶ月 10.01% -6.85% -4.92% -42.84% -13.20%
1年 10.80% -6.50% -1.24% -43.70% -13.07%
日本株予想:値ごろ感銘柄から順に買い戻しの機運

26日の日経平均は+176円の2万6781円となり4日ぶり反発。米株式市場が大きく持ち直すなかで日本株にも買い戻しが波及し、一時下げていた半導体株や海運株をはじめ、幅広い銘柄が上昇した。

東エレクやアドテストなど半導体株が買い戻し優勢で上昇。ソフトバンクGや信越化学なども買われた。当社配信の日本株有料レポート掲載銘柄では、非鉄金属の三ツ星などが上昇。三ツ星は掲載から2週間で+95.0%の株価上昇となった。

→今が仕込み時の業績期待銘柄とは? 今週も特集記事を配信! レポート有料版はこちら

■値ごろ感銘柄から順に買い戻しの機運

昨日のリオープン(経済再開)株上昇に続き、本日はこれまで下げていた半導体株への買い戻しが加速、これが市場心理を上向かせて幅広い銘柄の上昇に波及した。

日経平均は後場にかけて騰勢が弱まったものの、節目2万7000円に近づいた水準で戻り売りが出たことや、週末の相場とあって様子見ムードが広がりやすかったことが上値を限定したとの見方が多く、特段の新規売り材料などについての指摘は見られなかった。

前日の米市場では ...

→全文を読む

競合比較 チャート

競合比較する

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

    セブン&アイ・ホールディングス(3382)

    5,262.0円 4兆6644億5800万 19.36 7.50% 34.1% 1.96%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)

    ローソン(2651)

    4,525円 4538億5800万 26.80倍 6.60% 20.40% 3.31%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)

    ファミリーマート(8028)

    -円 1兆1591億6400万 37.50倍 5.70% 47.30% 1.75%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)

    ミニストップ(9946)

    1,399円 410億9300万 0.00倍 -12.70% 24.30% 1.43%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)

    投資の森に掲載されている各種情報は、情報取得元各社より提供を受けた情報が含まれております。できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありません。
    なお、掲載されている情報の誤りを発見された場合は、お手数ですが、以下の報告フォームより通知いただけますようお願いいたします。 ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。