相場見通し

8日の日経平均株価の終値は前日比176円安の2万2438.65円(-0.78%) で引けました。

本日の相場:前場上昇も後場に海外勢の売りが出て下げ幅広げる

新型コロナウイルスの感染再拡大に対する警戒感から前日のNYダウは下落しました。これを受け、日経平均も下落してスタートしましたが、徐々に上昇し一時はプラス圏に浮上しましたが、午後に入り徐々に売りに押され170円安まで下落するなど引けにかけて下落幅を広げました。海外勢が売りを出しているとの情報もありました。日経平均構成銘柄は、業種別には全面的に安く、特に電気機械が下落しています。

個別では、NEC(6701)は連日の年初来高値となっているほか、前日は年初来安値を更新したJR西日本(9021)が反発、中外製薬(4519)など薬品株がしっかり。半面、これまで相場をリードしてきたソフトバンクグループ(9984)などは軟調な展開となっています。

200708日経平均チャート

日経平均の1ヶ月の動きを見ると、6月9日の23,185円の高値から調整に入り、6月中旬からは22000〜22500円の狭いレンジ圏での上下を繰り返しています。このレンジ圏を上抜けするか、下抜けするかは予想しても意味がありません。

FRBをはじめとした各国の中央銀行の金融緩和策は少なくとも2022年末までは続くことが予想され、市場では2025年前後まで続く見方もでています。株式相場の先高感を意識した投資戦略を取るべきでしょう。具体的には、押し目では、今後成長が期待できそうな小型成長株などの現物を買いながら、日経ダブルインバース(1357)などでヘッジする方法が良いと思います。

↓↓↓
投資の森「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」詳細はこちら

7月8日のマザーズ市場(中小型株)

東証マザーズ指数は続伸し、前日比0.14%の上昇となりました。月次IRの内容が良かった銘柄や医療・バイオ銘柄などが、買われて上昇しました。

個別株では、6月の月次IRで前年比36.7%増と好調だったユニフォームネクスト(3566)が一時ストップ高となりました。大阪大学発バイオベンチャーのステムリム(4599)が29.67%高の大幅上昇となっています。
半面、時価総額が大きいメルカリ(4385)や弁護士ドットコム(6027)が下落しています。

過去の「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」掲載銘柄では、スペースのマッチングサービスを提供するスペースマーケット(4487)が8.61%と大きく上昇しております。

↓↓↓
お宝成長株を紹介!投資の森「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」詳細はこちら

反発期待銘柄リスト(毎日更新!)

下記は7月7日に投資の森が選定した反発期待中小型成長銘柄一覧です。
合計46銘柄あり、上昇率TOP10を公開します。

〇反発期待銘柄上昇率TOP10(7月7日)

銘柄名 株価 上昇率
HANATOUR JAPAN(6561) 566 +6.19%
リビングプラットフォーム(7091) 2,950 +4.39%
カイオム・バイオサイエンス(4583) 311 +4.01%
ランシステム(3326) 480 +2.13%
ツクイスタッフ(7045) 1,249 +2.04%
ジェイエスエス(6074) 408 +1.24%
ブライトパス・バイオ(4594) 256 +1.19%
日本コンピュータ・ダイナミクス(4783) 551 +1.10%
フレアス(7062) 648 +1.09%
ジェイック(7073) 3,720 +1.09%

「投資の森」では、こうした小型成長株の中からファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を通して、有望な5銘柄を選定、解説し、毎週配信しています。
↓↓↓
投資の森「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」詳細はこちら

投資の森が選定する、こうした「お宝銘柄」は、今後も毎営業日配信される「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」でご確認下さい。
相場にあった銘柄をご自身のポートフォリオに追加することができます。

↓↓↓

投資の森が選定する「お宝銘柄」を掲載!
「有望・底値圏銘柄レポート(有料版)」詳細はこちら

[[no_toc]]