銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

西松建設(1820)配当

(6/20)

4,500.0

+71.00(1.60%)

事業内容

  • ダムやトンネルなど、土木に実績のある準大手ゼネコン。不動産開発事業に注力している。

配当

  • 予想配当利回り 4.89%
  • 直近増配率 -
  • 連続増配(過去10年) 0年
  • 配当回数 2回/年
配当利回り(予想) 4.89 %
配当額(実績) 105.00円
配当額(予想) 220.00円

配当推移チャート

※チャートの表示がない銘柄については、まだ配当が実施されておりません。

配当情報

連続増配年数(過去10年) 0年
減配なし年数(過去10年) 5年
利回り 過去5年平均 5.26 % »
利回り 過去10年平均 4.43 % »
権利付き最終日 2024年9月26日
配当月 3月/9月
配当回数 2回

リーマン・ショック時の配当

2009年 -円
2010年 -円

配当利回り ランキング

全銘柄中 73 位 /4,240 »
同業種中 9 位 /180 »
日本株予想:好地合い継続 輸出株買いに関心

20日の日経平均は+62円の3万8633円となり3日続伸。

個別銘柄では、アドバンテストやサイバーエージェントなどが買われたほか、ジーエス・ユアサ コーポレーション、三菱自動車工業、いすゞ自動車などが上昇した。

2024年は日本株が躍進、期待の銘柄は? 有料版レポート閲覧はこちら

今月の日経平均は前日までの上昇幅が+82円と買い地合いであったが、20日の東京株式市場は続伸と、地合いの強さが引き継がれ、堅調な展開をたどった。

前営業日の米株式市場が上昇しており、日本株の一角でも買いの先行する場面が見られた。電気機器では、アドバンテストやジーエス・ユアサ コーポレーションなどが買われた。サービス業のサイバーエージェントや日本郵政も上昇し、相場を支えた。米長期金利の上昇を背景に高PERなハイテクなどは売り圧力が意識されたが、タカキューなどPERが相対的に低い銘柄は買いが集まりやすかった。

足元では時間外の米株指数先物が強い推移を示しており、こちらが米国および本邦株式市場の心理支えとなる可能性がある。目先の相場見通しについては ...

→全文を読む

同業種建設業 高配当ランキング トップ20

コード 銘柄名称 配当利回り(%) 増減配 株価 前日比(%)
1 1890 東洋建設 5.61% 減配2 1,427 +35.00
(2.51%)
2 1719 安藤・間 5.45% 非減配10 1,101 +1.00
(0.09%)
3 1898 世紀東急工業 5.38% 減配3 1,674 -13.00
(-0.77%)
4 1814 大末建設 5.30% 非減配9 1,680 -14.00
(-0.83%)
5 1870 矢作建設工業 5.12% 非減配10 1,561 +7.00
(0.45%)
6 1720 東急建設 5.03% 減配2 755 0.00
(0.00%)
7 1833 奥村組 4.96% 減配3 4,900 -10.00
(-0.20%)
8 1808 長谷工コーポレーション 4.92% 減配1 1,726 +4.00
(0.23%)
9 1820 西松建設 4.89% 減配1 4,500 +71.00
(1.60%)
10 5076 インフロニア・ホールデ... 4.80% - 1,251 -4.00
(-0.32%)
11 1419 タマホーム 4.79% 減配1 3,860 -120.00
(-3.02%)
12 1451 KHC 4.77% 減配1 733 0.00
(0.00%)
13 1887 日本国土開発 4.75% 減配2 463 -1.00
(-0.22%)
14 1852 淺沼組 4.74% 減配2 3,690 +20.00
(0.54%)
15 1805 飛島建設 4.72% 非減配8 1,484 0.00
(0.00%)
16 1807 佐藤渡辺 4.47% 減配2 1,788 +18.00
(1.02%)
17 1871 ピーエス三菱 4.47% 減配1 985 -13.00
(-1.30%)
18 1847 イチケン 4.42% 非減配10 2,599 -1.00
(-0.04%)
19 1853 森組 4.40% 減配1 318 +6.00
(1.92%)
20 1802 大林組 4.40% 非減配10 1,819 -6.50
(-0.36%)
[PR]短信を読むのが面倒なあなた!銘柄スカウターで解決