銘柄検索

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

(5/16)

3,270.0

-30.00(-0.91%)

  • 業績適正株価 9,030円

株価天気予報

続伸続落 下落1日目
PER(予想) 2.40
PBR(実績) 0.94
PSR 1.22
配当利回り 10.70%
自己資本比率 27.6%
時価総額 1兆2050億8000万

チャート

  • 1ヶ月
  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 1年
  • 5年
  • 10年
  • 全期間

事業内容

  • 鉄鉱石船、タンカー、LNG船中心に不定期船に強い、海運大手。コンテナ船は2018年4月に事業統合した。

適正株価

適正株価 上昇余地
9,030円 +5,760円(+176.1%)

指数との騰落率比較

商船三井 日経
平均
TOPIX マザーズ ジャスダック
1ヶ月 6.51% -1.60% -1.56% -15.71% -0.29%
3ヶ月 16.62% -2.92% -3.34% -9.11% -7.02%
6ヶ月 64.57% -10.56% -8.42% -45.10% -13.20%
1年 149.24% -5.07% -0.65% -38.10% -13.07%
日本株予想:経済正常化へ期待の買い ハイテク続伸も心理支え

17日の日経平均は+112円高の2万6659円となり反落。中国景気見通し懸念が後退するなか、原油先物価格が上昇し関連銘柄に買いが入った。また割安感のある銘柄も連れ高となった。

日本郵船や川崎汽船など海運が大幅高となった。原油や資源関連ではINPEXやENEOS、日本製鐵なども高い。当社配信の日本株有料レポート掲載銘柄では、産業機械用の伝動ベルト製造を行う三ツ星ベルトなどが上昇。三ツ星ベルトは掲載から3週間で+38.9%の株価上昇となった。

→今が仕込み時の業績期待銘柄とは? 今週も特集記事を配信! レポート有料版はこちら

■経済正常化へ期待の買い ハイテク続伸も心理支え

中国でロックダウン措置が近く緩和されるとの報道が出たことで、需要増を見込んで原油先物価格が上昇しており、東京株式市場では関連銘柄に買いが入った。また国内政府がインバウンド観光客の受け入れ再開へ向けた実証事業を始めるとの報道も、経済活動正常化期待による心理改善の買いを支え ...

→全文を読む

海運業 競合比較

上昇余地
日本郵船(9101) -8.53%
川崎汽船(9107) -25.49%
NSユナイテッド海運(9110) 184.82%

同業種海運業 株価上昇率 トップ20

銘柄名称 上昇率 株価
1 9308 乾汽船 +16.06% 1,836
2 9127 玉井商船 +12.97% 1,760
3 9130 共栄タンカー +2.45% 1,044
4 9115 明治海運 +2.38% 730
5 9171 栗林商船 +0.24% 425
6 9101 日本郵船 +0.10% 9,710
7 9110 NSユナイテッド海運 -0.26% 3,800
8 9173 東海汽船 -0.26% 2,326
9 9119 飯野海運 -0.58% 686
10 9104 商船三井 -0.91% 3,270
11 9107 川崎汽船 -2.86% 8,490
12 9179 川崎近海汽船 -3.24% 4,925

競合比較 チャート

競合比較する

※札証、名証、福証へ上場している銘柄は非対応

    商船三井(9104)

    3,270.0円 1兆2050億8000万 2.40 16.50% 27.6% 10.70%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)

    日本郵船(9101)

    9,710円 1兆7124億5500万 4.60倍 25.60% 29.40% 2.06%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)

    川崎汽船(9107)

    8,490円 8398億800万 2.20倍 68.10% 22.40% 0.00%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)

    NSユナイテッド海運(9110)

    3,800円 944億4400万 7.30倍 6.50% 35.60% 2.11%
    株価 時価総額 PER ROE 自己資本比率 配当(予)

    投資の森に掲載されている各種情報は、情報取得元各社より提供を受けた情報が含まれております。できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありません。
    なお、掲載されている情報の誤りを発見された場合は、お手数ですが、以下の報告フォームより通知いただけますようお願いいたします。 ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。